ポリアモリー(複数愛)を公表している日本の芸能人一覧

ポリアモリー(複数愛)を公表している日本の芸能人一覧

ポリアモリー(複数愛)とは、ギリシャ語で「複数」を意味するPoly(ポリ)と、ラテン語で「愛」を意味するAmor(アムール)を組み合わせた造語で、関係者全員の同意を得て、複数の人と「一対一ではない恋愛関係を結ぶ」、恋愛スタイルの事です。

ポリアモリーは、ゲイやレズビアン、バイセクシャルのようなセクシャルマイノリティではなく、あくまで「恋愛スタイル」の呼称です。

「ミニマリスト」と同じような、あくまでスタイルの呼称なので、混同しないように注意しましょう。

ポリアモリーはセクシャリティの一種ではありませんが、近年のLGBT理解が深まるに伴い注目されるようになった恋愛スタイルです。

「え?それって、浮気や不倫を認めるための口実にしか聞こえないんだけど・・」と思わられる方が多いと思いますが、ポリアモリーは「関係者全員が同意している」という点が浮気や不倫と全く違う点です。

なので6股騒動を起こしたお笑い芸人K氏は、6股されていた女性同士がお互いを同意していない、かつその女性たちがK氏以外との恋愛をされておらず、全員がそれを同意している訳ではないので、ポリアモリーとは言えません。

あくまで全員が同意している誠実で継続的な関係である事がミソです。

われわれは普段、〈一対一〉という恋愛スタイルを疑問に思わず生きている。だが、それは絶対的なものなのだろうか? 現在アメリカを中心に、本気で複数の人を愛するという「ポリアモリー」を実践する人びとが増えている。それは、浮気でも不倫でもない、誠実に複数の人と愛を育むライフスタイルである。

引用元:「ポリアモリー 複数の愛を生きる」(平凡社)より

また一夫多妻制は男性が複数の女性を妻とし、妻同士はお互いの存在を同意していますが、基本的に妻は他の男性と恋愛をしませんから、夫側が妻に複数愛を認めていないということから、これもポリアモリーとは違います。

男性、女性ともに全員がそういった複数恋愛を同意し、認めあっている「誠実」で「継続的」な関係というのがポリアモリーです。

今回は、そんなポリアモリーを公表している芸能人をまとめてみました。

ポリアモリーを公表している芸能人一覧

自分の事を「ポリアモリーだ」と公表している芸能人は実はほとんどいません。

誤解されやすいデリケートな恋愛スタイルなために、あまりそういったスタイルを公表している芸能人は少ないと言えます。

叶恭子さん

叶姉妹さんのブログで、妹の美香さんが姉の叶恭子さんがポリアモリーであることをほぼ公表しています。

ファビュラスな姉にとっての
とても自然な愛のかたち
ポリアモリー(#複数愛)とは、
複数の人と 同時に、
それぞれが”合意の上”でお付き合いを
する(性愛関係を含む)ライフスタイルのことをいいますよ。

引用元:叶姉妹オフィシャルブログ

また、姉の叶恭子さん自身も次のようなブログ記事を書かれています。

わたくしは
いわゆる恋人という
カテゴリーを持ちません。
「僕って何?」
と聞かれたら、
あなたが
自分で考えて
決めて下さいといいます。
ですから、
「浮気」などという言葉も無縁です。
どの瞬間も
新しくフレッシュなラブが
そこにあるのですから。✨

引用元:叶姉妹オフィシャルブログ

グッドルッキングガイなど、自由奔放な恋愛スタイルはテレビ出演時などでも見せている上、ブログに上記様に堂々と書かれている叶恭子さんはポリアモリーとほぼ公表している稀有な芸能人と言えるでしょう。

赤坂沙世さん(モデル)

モデルの赤坂沙世さんが、自身のインスタグラムで2015年5月28日に大腸がんのために亡くなった今井雅之さんへの次のような追悼コメントを投稿し話題となりました。(現在投稿は削除されています)

三人でセックスを終えた後になお(註:赤坂の恋人)が死んでもいいくらい幸せだと言って、その時に私はセックス以上の幸せを感じた。彼と私で二人で添い寝するのも大好きだった。私と彼の仕事柄か、緊張感や孤独、圧迫感など、似た感情を感じるようで、私達二人で抱きしめあって寝る事がそれらを解消した。彼にきついくらい抱かれて朝まで離れず寝るのは私の何かを確実にほぐしていった。そして彼は私達のポリアモラスなスタイルや活動をよく理解して応援していた

この文面からモデルの赤坂沙世さんもポリアモリー的な考えを自身が持っていることをほぼ公表されていると言えます。

ポリアモリーについて肯定的な芸能人も

自身がポリアモリーであるとは公表していませんが、ポリアモリーについて肯定的な発言や、そういう傾向があると思われる発言をされている芸能人も調べてみると少なからずいらっしゃるようです。

例えば先ほど「赤坂沙世」さんのインスタ投稿の文面で「彼は私達のポリアモラスなスタイルや活動をよく理解して応援していた」とありますが、この彼は俳優の今井雅之さんのようです。

今井雅之さんはどうやら赤坂沙世さんとお付き合いをしていた女性からの紹介で出会い、3人で愛を育んでいたようです。

今井雅之さんがポリアモリーであることは公表されていませんが、赤坂沙世さんの投稿文面にも「よく理解して応援していた」とあるように、ポリアモリーに肯定的な考えを持っているという事が分かります。

他にも評論家の岡田斗司夫さんなどもポリアモリーに肯定的な考えを持っているのでは、と言われているようです。

ポリアモリーの認知は徐々に広がっている

LGBTの認知に伴い、今回ご紹介したような恋愛スタイルポリアモリーについても認知が徐々に広がっています。

中には「うーん、やっぱ理解できない」という人もいると思いますが、無理に理解する必要もありませんし、「ミニマリスト」についても理解できないという人がいるように、「ポリアモリー」が必ずしも全員に理解されるものではありませんし、しなくて全然良いと思います。

「そういう人もいるんだ」と思えれば、それで良いと思います。

今現在日本にはそういったポリアモリーを公表されている人はほとんどいませんが、それはただ隠している人が多いだけであり、実際には多くいると考えられます。

そんな中、これだけの知名度がありながら、ポリアモリーであることをほぼ公表された叶姉妹の叶恭子さんは「自分も堂々と生きていいんだ!」という多くの人の自信や励みになったのではないでしょうか。

そういった自分自身を隠せず生きられる社会が実現すれば良いと心の底から思います。