【BE_FIRST】黒田竜平(リュウヘイ)の経歴がすごい!子供時代からダンススクールや歌を始めていた!

【BE_FIRST】黒田竜平(リュウヘイ)の経歴がすごい!子供時代からダンススクールや歌を始めていた!

2021年にデビューを果たしたBE:FIRSTの中でもひと際目立つセクシーな魅力を持つ黒田竜平さん。

抜群のスタイルとパフォーマンスで思わず目を引く存在となっていますが、まだ15歳と世間を驚かせています。

そんな黒田竜平さんがどのようにしてメンバー入りを果たしたのか、どんな経歴なのかを徹底調査していきます

黒田竜平さんの魅力はなんと言っても綺麗な歌とダンス!

BE:FIRSTの最年少メンバーの黒田竜平さんですが、高身長でスタイル抜群でBE:FIRSTの中でも目立つ存在ですが、最年少とは思えない美しい歌声と色気漂う表現力を纏ったダンスが大変魅力的です。

ボーイズグループオーディション「THE FIRST」の2次審査で見せた黒田竜平さんのパフォーマンスには、主催者のSKI-HIさんに「才能を見つけてしまった」と言わせるほどでした。

オーディション時には14歳の中学生であった黒田竜平さんですがその歌、ダンスのどちらをとっても優れた逸材でひと際注目を集める存在でした。

その魅力はプロデュースする方々にも十分に伝わっているようで、BE:FIRSTとしてのプレデビュー曲「Shining One」、そしてメジャーデビュー曲の「Gifted.」の2曲とも、黒田竜平さんの歌い出しで始まります。

この魅力的な歌やダンスがどのようにして培われたのか、詳しく紐解いていきましょう。

黒田竜平さんのダンスや歌のルーツは!?経歴を時系列順に紐解いてみた!

黒田竜平さんのパフォーマンスが完成されており、その才能で世間を驚かせています。

そのダンスや歌の経歴について調査しましたので、時系列に沿ってご紹介します。

<1>ダンスは5歳から、歌は8歳から始める!

黒田竜平さんは若干15歳にして、10年のダンス歴を持ちます。

2011年、黒田竜平さんが5歳の頃に名古屋市内のダンススクール「ZOO」に通い始めました。

ダンススクール/名古屋市中区栄 ダンススタジオ「ZOO」
www.studiozoo.jp

黒田竜平さんの4歳年上のお姉さんがダンスを習っており、どんどん上達していくお姉さんを見て「自分も上手くなりたい」と思ったことがきっかけで通い始めたとのことです。

そこからしばらくはダンスのみ習っていましたが、黒田竜平さんが8歳の頃に歌にも興味を持ち始め、ボーカルレッスンにも通い始めました。

その時に通い始めたスクールが、エイベックス・アーティストアカデミー名古屋校でした。

<2>小学2年生からエイベックス・アーティストアカデミーでレッスン

先述の通り、黒田竜平さんが8歳の小学校2年生の春頃よりエイベックス・アーティストアカデミー名古屋校に通い始めます。

エイベックスが送るエンタテイメント業界の次世代アーティストや音楽クリエイターを育成する総合育成スクール(ダンススクール)「エイベックス・アーティストアカデミー」…
aaa.avex.jp

このエイベックス・アーティストアカデミーは誰でも入学できるわけではなく、入学オーディションを経て合格した場合のみレッスンを受けることができます。

ここでレッスンを受けられる時点で、当時の黒田竜平さんは既にアーティストとしての素質があったことが伺えます。

入学後アカデミーで初めて撮影された写真をご本人が投稿していました。

まだ幼くあどけない様子ですが、このころの雰囲気はそのままに成長されています。

また、入学当初の体験レッスンの時には緊張して全く歌えなかったこともアカデミーのブログに掲載されていました。

ぼくは、体験レッスンの時、緊張して全く歌えませんでした

アカデミーに入学して、先生に指導していただいたり、

とても歌の上手な先輩やお友達に出会って

歌うことがとっても楽しくなりました

引用元:【名古屋校】キッズ受講生インタビュー♪ #1 | エイベックス・アーティストアカデミーオフィシャルブログpowered by Ameba

日々レッスンに励み、向上心を持ちながらアーティストになりたいという夢を膨らませていたのでしょう。

<3>CoCoPop(ここぽっぷ)のメンバーとして活動

2016年、黒田竜平さんが10歳の頃にエイベックス・アーティストアカデミー名古屋校の中でキッズ公式育成ユニット「CoCoPoP」が始動しました。

このユニットに校内オーディションを見事勝ち抜き、メンバーとして活動していたのが黒田竜平さんです。

CoCoPoPはアカデミーに通う小学生、女の子4人、男の子2人の合計6人で構成されていました。

メンバーカラーもあったようで、黒田竜平さんの担当からーは青色でした。

ご本人がブログも更新しており、数多くのイベントに出演し、精力的に活動をしている様子が紹介されています。

はじめましてっ日曜日担当のりゅうへいですCoCoPoPのメンバーとして、これから活動していきます。りゅうへい担当カラーは青です初めてなので、簡単に自己紹介をし…
ameblo.jp

まだ小さいですが当時の写真をみても一発で黒田竜平さんとわかります。

残念ながら期間限定の1年間のユニットだったためその後解散しますが、このCoCoPoPで活動した経験が今に活きてきていることは間違いないでしょう。

<4>GEMSTONEのメンバーとして活動

CoCoPoP解散後の黒田竜平さんはその後もエイベックス・アーティストアカデミー名古屋校の中でも才能と実力を評価され、GEMSTONEというユニットにも選出されました。

GEMSTONEというのは原石いう意味で、アカデミー内の次世代スターになりうる期待のメンバーが選ばれていることがわかります。

このGEMSTONEは男女合わせた9人組のユニットで、なんと現BE:FIRSTメンバーのSHUNTOさんも同じく選出されていました。

2018年、黒田竜平さんが12際の頃に「a-star2018inTokyo」というダンス&ボーカル

イベントに出演が決まった時の様子が、アカデミーのTwitterに投稿されていました。

更にアカデミーのブログでも写真が掲載されています。

   みなさんこんにちは 連日お届けしているa-Star2018の開催レポートですがいよいよ今回がラスト!3部のレポートです! どんどんいきますよー3部のトッ…
ameblo.jp

このユニットでもステージ経験を積み、グループパフォーマンスを磨いていきます。

<5>オーディション「THE FIRST」に参加

2021年、黒田竜平さんの人生のターニングポイントといっても過言ではない出来事が起こります。

AAAのラッパーであり株式会社BMSGの社長でもあるSKY-HIさんがボーイズグループオーディションを開催します。

このオーディションに黒田竜平さんは応募しました。

応募のきっかけは「親に勧められたから」とデビュー前のインタビューの中でご本人が語っています。

―オーディションに参加したキッカケを教えてください。

「親に勧められたからです。その当時は歌とダンスが伸び悩んでいてあまり乗り気ではなかったのですが、“チャンスがあるなら参加しよう”と思ったことと、SKY-HIさんの言葉にすごく感動して“この人についていきたい”と思ったからです!」

引用元:スッキリで話題のオーディション「THE FIRST」 【現在1位 リュウヘイ】 特別取材 デビューメンバー発表直前(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

このオーディションの合宿審査の中で黒田竜平さんがパフォーマンスだけではなく人間性も成長していく様子が視聴者の反響を呼びました。

周囲を驚愕させるほどの才能と実力を持っていた黒田竜平さんですが、個人のコミュニケーションに課題があると、主催したSKY-HIさんは見抜いていました。

グループパフォーマンスでの審査の際に黒田竜平さんが所属していたチームにうまく馴染めず、辞退という言葉も頭をよぎったそうです。

RYUHEI:僕も最初どうすればいいか分からなくて、(14歳で)年も若いし、自分はしゃべらない方がいいのかな?みたいに考えたときもあって。自分を出すより合わせた方が何も波風が立たないしその方がいいかなって。あと“辞退”って言葉も頭によぎったり…。メンタル的には本当につらかった時期もあって。

引用元:BE:FIRST、オーディション「THE FIRST」を振り返る!自分のためだけではなく『仲間を意識した生活に変わっていった』<インタビュー> | WEBザテレビジョン

しかし、SKY-HIさんのアドバイスや黒田竜平さん自身の考え方の転換によって、ぶつかりながらも素晴らしいパフォーマンスを見せる姿に視聴者は引き込まれていきます。

合宿が始まった当初はクールで感情を表に出さなかった黒田竜平さんでしたが、合宿が進むにつれてどんどんと表情も柔らかくなっていき、時には冗談を言って見せる姿を見せることもありました。

その様子を見て、「どんなに大人っぽくても本当は中学生の男の子なんだ」と安心する声もSNS上で多く見られました。

常に完璧でミスをすることのなかった黒田竜平さんは、常に上位をキープし続けていましたが、あろうことか最終審査でパフォーマンスの最中に立ち位置を間違えてしまうというミスをしてしまいます。

パフォーマンス後には同じチームのメンバーに慰められながら審査結果を待つ姿に視聴者も心を打たれました。

そんな黒田竜平さんはデビューメンバーの発表の際、名前を呼ばれて歓喜の表情を見せ、アーティストになる夢を叶えました。

名前を呼ばれた瞬間のことをご本人がインタビュー記事で話してくれていました。

――メンバー発表で、自分の名前が呼ばれたときは何を感じましたか?

RYUHEI:本当にいろんな感情が一気に湧いてきました。オーディションを過ごしてきた仲間との思い出だったり、あとは肩の力が抜けたというか、それまで頑張ってきた分の力がふっと抜けた瞬間でもあったので、本当なら泣きたいはずなのに、泣こうにも感情があまりにも多すぎて放心状態でしたね。それぐらい感情がたくさん溢れていたんだと思います。

引用元:BE:FIRST・SHUNTO「いっぱい泣いたことが一番印象に残っている」オーディションを振り返る(TOKYO FM+) – Yahoo!ニュース

色々な活動を経て年齢は若くても下積みも長かった黒田竜平さんですので、努力が報われた瞬間だったことに違いないでしょう。

<6>BE:FIRSTのメンバーとして人気爆発!

遂にBE:FIRSTとしてのデビューを果たした黒田竜平さんですが、オーディション時とのギャップに更に人気が高まっています。

コミュニケーションを課題としていた黒田竜平さんでしたが今ではメンバーに甘えてみたり、ふざけてみせる様子が度々動画やSNSなどで配信されています。

BE:FIRSTのメンバーからも1番変わったメンバーは?との質問に満場一致で黒田竜平さんを挙げていたほどです。

17日、日本テレビ系年末の音楽の祭典「ベストアーティスト2021」(よる7時~4時間生放送)に生出演したBE:FIRST。

出演後のインタビューで、アナウンサーの梅澤廉が「この1年で一番変わったメンバーを教えてほしい」と聞くと、満場一致でグループ最年少のRYUHEIを指した。

引用元:BE:FIRST、最も変わったメンバー明かす 満場一致で指名された1人とは? – モデルプレス

妖艶なパフォーマンスと違いギャップのある、かわいらしい黒田竜平さんの魅力にファンが急増していることは言うまでもないでしょう。

黒田竜平さんの今後の活躍に期待!

いかがでしょうか。

ここまで黒田竜平さんの経歴についてお伝えしてきましたが、若くして経験や実績を積み、努力の末にデビューを果たしたことがお判りいただけたかと思います。

2022年3月7日に2ndシングル「Bye-Good-Bye」がデジタルリリースされるなど、今後も進化を続けていくBE:FIRSTですので、黒田竜平さんもますます成長し続けていくことに間違いありません。

今後の活躍にも更に期待しましょう。